英語はどう教えたら良いの?

豊平区 平均点に届かない小・中学生専門の個人家庭教師たろです😊

今回は「英語はどう教えたら良いの?」です。

英語は算数や数学のような決まったやり方があまりなく、少し分かりにくい教科なだけに困ってしまう方も多いのではないかなと思います。

私が英語を教える時は「子供が分かるように変換して」教えています。

実は教科書に書いてある英語の覚え方は、英語が苦手なお子さんにとっては非常に分かりにくいものになっているかなと思います。
なのでそこをお子さんが分かりやすいように変換して上げることが大切になってきます。

次にその「変換」のポイントになりますが、それは「日本語と繋がるように変換する」ということです。

まず2つの言語の両方を使いながら理解するというのは、その言葉のルールがそれぞれ違うので難しいです。
ですのでポイントとしては「日本語をそのまま英語に変えれば良い」というように教えてもらえたらと思います。
例えばこれは学校でも教えているもので、正直先のことを考えると良くないと思いますが、I am a tennis player.「私はテニス選手です。」はI(私は)a tennis player(テニス選手)そしてamを「です」と教えます。
amは「です」ではありませんが、日本語をそのまま英語にする上では非常に分かりやすいです。
このようにそのまま英語にしやすいように教えて上げましょう。

最後にちょっとしたコツになりますが、それは「文の並びで覚えてもらう」ことです。

本来英語は最初に習う内容をしっかりと理解した上で覚えていくと新しいものが出てきても、その応用になるものが多いので、簡単に覚えることが出来ます。
ですがそれは英語が苦手なお子さんには難しいです。
ですので1つ1つの文法の並びをそのまま覚えてもらってください。
それは一見遠回りのような感じもしますが、苦手なお子さんにとっては近道で、後々やっていく内にしっかりと理解していってもらえれば十分間に合います。

まとめです。
・子供が分かるように変換して教える
・日本語と繋がるように変換する
・文の並びで覚えてもらう

英語は簡単に出来るようになろうと思えば数学よりもずっと簡単に覚えられます。
ただ焦ると他の教科よりも難しくなってしまうものですので、お子さんのレベルに合わせて勉強してみてください。


ご質問やご相談は

こちらのホームページのインフォメーションフォームまたはお電話で😉

ホームページ
(お問い合わせフォームのページ)

お問合わせ

Instagramでは普段の何気ない日常を上げさせていただいてます😊

https://instagram.com/taro_katekyo?igshid=MzNlNGNkZWQ4Mg==

お子さんに関するご相談だけでも承っております😌

完全個人契約 札幌の平均点に届かない子専門家庭教師たろ先生
Average rating:  
 0 reviews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です