何を言ってもやらないのはどうしたら?

豊平区 平均点に届かない小・中学生専門の個人家庭教師たろです😊

今回は「何を言ってもやらないのはどうしたら良い?」です。

中々押しても引いてもやらないですよね💦
それどころかこちらが何かやればやる程やる気が失くなっていくこともあります。

そんな時私は「少し煽ってみる」ということをしています。

最初にお伝えしますが、あまりやるとお子さんが怒ってしまったり、逆にやる気を削いでしまうので、奥の手として使ってください。
私なんかが子供の頃そうだったのですが、色々なことを言われてもやる気が出ない時は「これ出来ない?」のような言葉を言われるとなぜか無性に悔しくて問題に取り組んでいました(笑)
現代のお子さんでもお子さんによっては非常に有効です!

次に今回のとても大切なポイントで、どんなお子さんにやっていただくと良いかなのですが、それは「プライドが高かったり、何かが出来ると非常にイキイキしているお子さん」です。

やはりそういったお子さんは「出来るか出来ないかに非常に重きをおく」特徴がありますので、より有効的です。

最後にちょっとしたポイントになりますが、「2回程やってみて効果が無ければすぐさまやめましょう」。

というのもこれが効果的でないお子さんは、そういったことに興味がないか、「劣等感が強すぎるお子さん」です。
なのでそういったお子さんにやり過ぎてしまうと、よりその劣等感を強めてしまいますのでご注意ください。

まとめです。
・少し煽ってみる
・プライドが高いお子さんに有効
・劣等感の強いお子さんにはほどほどに

今回ご紹介したものは、みなさんに有効的なものではないのですが、効くお子さんには非常に効果的ですので、注意点だけ気を付けて是非やってみてください。


ご質問やご相談は

こちらのホームページのインフォメーションフォームまたはお電話で😉

ホームページ
(お問い合わせフォームのページ)

お問合わせ

Instagramでは普段の何気ない日常を上げさせていただいてます😊

https://instagram.com/taro_katekyo?igshid=MzNlNGNkZWQ4Mg==

完全個人契約 札幌の平均点に届かない子専門家庭教師たろ先生
Average rating:  
 0 reviews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です